低金利のカードローンの危険性について

低金利のカードローンは、かえって危険であるという意見があります。基本的には、金利は低いほうが利息の負担が減るので、リスクは少ないはずです。しかし、「金利が低いから大丈夫」という心理的な油断を招きやすいのが、低金利カードローンです。

多くの人は、最初は銀行や信用金庫のカードローンを契約するでしょう。カードの発行手数料や事務手数料などは無料であることが多く、サービス内容は良いです。しかし、銀行や信用金庫のカードローンでは、毎月の返済額がかなり低く抑えられているものもあります。中には、利息だけ支払っていれば、延滞にはならないというタイプの商品もあります。

例えば、100万円を借りて、金利が10.0%となっていたら、1年間で10万円の利息さえ支払っていれば、元本の返済は必要ないというタイプの商品があったとします。「いつかお金ができた時に返済をすればよい」と考えて、永遠に毎年10万円の利息がかかり続けてしまうというリスクがあります。

カードによって限度額が定められていますが、限度額が大きい場合には金利が下がる半面で、借りすぎてしまう危険性もあります。人間なので、だれでも失敗をしますので、ストレスが溜まって精神的に辛いときなどに、使いすぎてしまうということがあります。カードは普段からサイフに入れておかないようにしているという人もいます。カードをいつもサイフに入れていると、欲しいものができた時に手軽に借りられて便利ですが、借りすぎてしまうというリスクがあります。
カードローンの審査なし?ウマい話には要注意の理由を暴くはこちら